薬剤師派遣のメリット、デメリット

薬剤師派遣メリット、薬剤師派遣デメリット

派遣と聞くとあまり良くないイメージを持たれる方も多いと思います。

 

以前の一般派遣は条件的に悪く、正社員になれない人がしかたなく派遣社員として働くイメージがありましたよね!

 

正社員との給料の差も多く、同じような仕事をしていても給料が安いイメージがありませんか?

 

しかし、派遣の労働環境はここ数年で改善されています。特に専門職的な薬剤師などは自由度がある働き方が出来る事から派遣薬剤師を希望する方も少なくありません。

 

では、薬剤師派遣で働くメリットはどの様な事か?またデメリットはどの様な事なのか?メリット、デメリットは個人差がある為一概には言えませんが、ほとんどの方が思うようなメリット、デメリットを下記に紹介します。

 

 

派遣薬剤師で働くメリット

パートやアルバイトとして薬剤師で働くより、時給が高く、条件もいい事がほとんどです。
薬剤師派遣として働く方が給料面で優遇されることが多く、働く時間、就業時間の自由度が有ります。これは薬剤師派遣会社が先方に交渉してくれる事で、こちらの条件に合わせてくれる事が多いからです。
薬剤師派遣会社に求人を依頼している企業や会社、店舗などは薬剤師さんがすぐに欲しい事が多いので就業時間の融通が利く事が多いと思います。また、求人探しも派遣会社がこちらの条件の求人を紹介してくれる為、求人探しの手間も少なくて済みますよ!

 

派遣薬剤師で働くデメリット

雇い主と契約先が違う為、直接仕事や不満を職場で交渉が出来ない事や、会社や店舗の業績が悪くなると契約更新がされない事も有ります。薬剤師派遣の場合、契約更新されない事は少ない様ですが、更新されなければまた新しい職場へいく事になります。